工場改善

工場改善 製造業の課題である工場改善の必要性や施策

工場改善とは 工場改善の定義

工場改善とは工場の作業効率を上げ無駄を省き、高品質・原価低減を実現しさらなる利益を上げるための施策です。このコラムでは製造業における工場改善の必要性(利益を上げるためになぜ値上げではなく原価低減が必要なのか)や、あなたの工場でもすぐに活用できる工場改善の具体的な施策と注意点を分かりやすく解説します。さらにコラムの最後ではよくあるお悩み別に解決策のご提案を致します。ぜひ最後までお付き合い下さい。

工場改善の必要性~会計と経営の視点で考える~
企業の存在意義は利潤(利益)の追求です。会計視点で考えると利益とは販売価格から原価を引いたものです。工場で収益改善をしようと考える場合はまず原価低減方法を模索する必要があります。もちろん利益を上げるために単純に売り値を上げるという方法もあります。ですが多くの経営者はその方法を採用する際は非常に慎重になります。なぜなら他社製品との差別化が明確になっていない製品で売り値だけをつり上げれば顧客を失うことになるからです。そのため原価低減を本気で考える前に、なぜ売値を上げるのではなく原価を下げなければいけないのか。会計視点よりさらに俯瞰した経営の視点から確認してみましょう。製品環境を取り巻く事業分析の方法には5フォース分析というものがあります。業界の競争状況を明確にし、製品のポジション・競争要因を明確にできる方法です。簡単なフレームワークですのでぜひ自社に当てはめてみてください。

5フォース分析

 5フォース分析
Five Forces=「競合他社(Rivalry)」「買い手(Buyer Power)」 「 売 り 手(Supplier Power)」「 代替品(Threat of Substi tutes)」「新規参入(Barriers to Entry)」
では早速、競合他社・買い手・売り手・代替品・新規参入
の存在と力関係を洗い出し製品の競争環境を確認しましょう。「新規参入障壁は高いか低いか」「売り手と買い手はどちらが強いか」「代替品は存在するか」も同時に考えていきましょう。工場改善の方法は無数にありますが、まずは自社の製品や経営を主軸におき事業の競争環境を把握しなければ誤った方向に舵を切ることになりかねません。代替品や新規参入を考えるにはある程度の市場理解が必要なため5フォース分析を行うことでより俯瞰的な視点で自社の製品を見つめることができます。そして実際に分析をしてみるとこの先10年、20年先を考えても代替品や新規参入もない紛れもないブルーオーシャンだったというケースはほぼないはずです。利益を上げるために単純に値上げという手段で対応すると市場における自社の製品のポジションが揺らいでしまうということが可視化されたのではないでしょうか。

工場の原価の内訳
それでは利益を上げるために工場改善に取り組んで原価低減を実現する方法を考えていきましょう。まず原価には何が含まれているのかご存知でしょうか。製造原価は「材料費」・「労務費」・「経費」に分類されます。
材料費=製造に必要材料原材料・素材費・燃料費・備品や工具など
労務費=製造を行う従業員に支払う費用(給料・賞与・福利厚生費)
経費=上記以外の費用。減価償却費・修繕費・電気代や倉庫のレンタル料水道光熱費など
材料費は前期未在庫がある場合、当期材料費=期首材料棚卸高+当期材料仕入高-期末材料棚卸高で求めます。
当期総製造費用 = 当期材料費 + 当期労務費 + 当期経費
当期製品製造原価 = 当期総製造費用 + 期首仕掛品棚卸高 – 期末仕掛品棚卸高
また原価は直接費・間接費に分けられます。材料費・労務費は直接費、減価償却費や家賃などは間接費です。売上原価は売れた商品の仕入れや製造に対しての原価であるのに対して、製造原価はものを作る際に発生費した費用のことを指します。

上記を踏まえて
原価低減のために「材料費」・「労務費」・「経費」のいずれかを削減する必要があります。しかし削るべきでない部分を削ることは品質の低下や生産性の低下にもつながるため注意が必要です。工場改善で利益を確保するためには「削るべき費用・無駄を徹底的に排除すること」に注力して下さい。特に重要なのは現場に「なぜ原価低減が必要なのか」を会計的・経営的視点を踏まえて徹底的に周知共有し、工場一丸となって無駄の発見・改善に取り組むことです。

工場改善方法

原価を押し上げる無駄につながる根源的な4つの要素
① 作業者の手待ち時間② 不良品・ロスミス③ 不必要な人やモノの移動④ 備品・工具管理の不行き届き

改善施策1:〈5Sの推進〉
5S=「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」
工具など必要なものを探す作業はなるべく減らすべきものです。なぜなら工具を探す時間と手間は製品に価値を与えるものではないからです。「整理」「整頓」「清掃」「清潔」が徹底されると不用品の山から必要なものを探す手間を省くことができリードタイムの短縮、スペースの有効活用によるコストの削減が実現できます。またそのシステムを全従業員で維持していくためにはルールとして浸透させる「しつけ」つまり社員教育も必要です。

改善施策2:〈標準作業の設計〉
標準作業とは品質条件をクリアした製品を効率的に作るために、無駄なく誰でも繰り返してできるように構成された手順のことです。標準作業は1つの工程ごとではなく、原料の入荷から各製造工程、出荷までの流れ全体がスムーズになるよう設計する必要があります。
標準作業は繰り返し作業であることと、人の動きを中心として考える必要があります。近年注目されている人間工学という学問でも人間が自然な動きで動けるよう環境設計することは事故やミスの軽減につながると言われています。
標準作業はタクトタイム・作業順序・標準手持ちの3要素で構成されています。タクトタイムは製品1つを何秒で作るかという時間です。作業の1サイクルをタクトタイムに合わせていくことが重要です。作業順序は作業者が運搬・機械の取付取り外し・加工組立作業を最も効率的に行う順序であり、現状考えられる最適解である必要があります。
標準手持ちは同じ手順で繰り返し作業ができるための必要最低限の手持ちのことです。標準手持ちを設定し遵守することで作業ロスが可視化され無駄が削減できます。

工場改善施策を実施する際の注意点
★QCDSEの観点で工場を分析する。
QCDSEとは、作業現場での事故が危険なものになりやすく、納期に厳しく、かつ不良品が許されない建設業界でよく使われる概念です。
-Quality(品質)
-cost(コスト)
- Delivery(工程・工期)
-Safety(安全)
- Environment(環境)
改善施策の実行前、実行後に上記がどう変化するのかに注意しましょう。現場に合わない改善施策を導入すると、この5つのバランスが崩れ不良品や事故の発生、高原価・納期の遅れにつながります。工期短縮によって安全確認が不十分になり労働災害が発生したり、原料のコストダウンで品質低下を招くことは避けなければならない事態です。
改善後の注意点
現場の意識が高まり生産性を向上し作業の遅れが改善できた際にも注意点が1つあります。それは「必要以上に速すぎる」ということです。必要以上に速く製品が出来上がると在庫を抱えることになってしまいます。在庫には品切れを防ぎ顧客満足を高めるというメリットもありますが、同時に流動性の低い資産でありキャッシュフローが減少するリスクがあります。売れて代金を回収するまで利益が発生せず、在庫の保管には倉庫の賃料・水道光熱費・人件費などの在庫維持費が発生します。さらに製品が完成することによって製造費用は発生しているにも関わらず、保有期間が長引くと品質劣化や陳腐化につながり利益を上げるための適正な価格での販売が難しくなります。

工場改善で無駄を省いた理想の状態とは?
速すぎず遅すぎず「必要な時に必要なものを必要なだけ製造する」ジャスト・イン・タイムが理想の状態です。
ジャストインタイムの原則=「確定受注」
売れるものだけを迅速に製造するためには確定受注の原則に従って、後工程が前工程に必要な量だけを取り、前工程は引き取られた分だけつくるために「工程を流れ化する」「必要量の把握」「属人化しない視覚的コミュニケーションの改善=生産指示情報の見える化」「段取りの効率化による小ロット化」を意識しましょう。

お悩み別!工場改善に役立つ製品・機械のご紹介

無駄を省き高品質な製品を作っても自社の製品に合わない効率の悪い物流容器を使用すると人件費・輸送費・管理費に無駄が発生します。株式会社ウインテックスではあなたの工場を改善するための様々な製品・設備機械を取り扱っています。ここからは工場改善に役立つ弊社の製品をお悩み例別にご紹介します。※画像をクリックすると詳細ページへ飛びます

お悩み例① 「コンテナ費用を抑えたい」「輸送効率を上げたい」

フレコンバッグ

特殊な構造でフレコンバッグを完全な正方形に保ち、コンテナ積載効率UPするホリキューブ 

工場改善する物流容器

パレット・ラック・容器が一体となることで輸送・放送・保管を効率化するホリフトシステム(右側)

フレコンバッグ

内容物に応じて最適化した形状で輸送効率を最大化するフレコンバッグ

お悩み例② 「パレット保管スペースを削減したい」「木製パレットの木くず混入をなくしたい」

工場改善するパレット

圧倒的に軽量(4.7㎏)・省スペース・樹脂パレットホリキューブ

 お悩み例「梱包作業時間を短縮したい」「梱包作業を省人化したい」

ハンディ梱包機

プラスチックバンド用ハンディ梱包機オルガパック

工場改善するパレット梱包機

パレット梱包の際のバンド掛けを効率化する電動式パレット梱包機エルゴパック

自動ストレッチフィルム梱包機

パレット梱包を迅速化する自動ストレッチフィルム包装機ランテック

お悩み例④ 「自社の要望にマッチした設備で工場を一部、または全部自動化できるか検討したい」

フレコンバッグ充填自動

フレコン充填自動化エムデ

工場自動化システム

製紙・パルプ・製鉄・タイヤ業界の生産と出荷プロセスを自動化するペスメルの立体倉庫

工場自動化システム

ペスメルの鉄鋼業界向け全自動コイル梱包機

工場改善は製造業の永遠の課題です。作業効率を上げる物流容器や設備機械に興味をお持ちの方はぜひ一度お気軽にお問い合わせください。株式会社ウインテックスはあなたの工場に最適な解決策をご提案致します。

ページ上部へ戻る