画像

ホリフトウォーターの活用方法 被災地における活動一覧

令和元年台風第19号時の断水

令和元年台風19号の福島県いわき市における断水状況
いわき市は台風19号の影響により平浄水場が浸水、被害が発生したため運転停止となりました。同市平、四倉、久之浜、豊間、薄磯、郷ヶ丘、自由ヶ丘、明治団地、平成、小川などの地区で4万5400 世帯が断水しました。

ホリフトウォーターの給水支援活動
10月15日
大浦公民館にホリフトウォーター1台設置。いわき市給水車で給水。その他、各地域に計8台を無償で提供。

西日本豪雨断水

平成30年の西日本豪雨の断水状況
6月28日~7月8日ごろにかけて西日本を中心に記録された集中豪雨により、多くの河川の氾濫や浸水害、土砂災害が発生しました。7月11日正午時点での断水状況は、広島県21万1008戸、愛知県2万2757戸、岡山県9696戸、その他都道府県で117戸でした。また8月1日10時時点でも、広島・愛媛の2県で8292戸が断水となっていました。

ホリフトウォーターの給水支援活動
平成30年7月17日ホリフトウォーター5台と、日差し対策用テント、風呂桶を手配。
7月18日三原市本郷北方コミュニティセンター、原市町内会、茅ノ市町内会にホリフトウォーター5台を無償で設置、三原市水道局より給水。
7月23日ホリフトウォーター2台と内袋を追加で輸送。船木地区へ無償で設置。

熊本地震断水

熊本地震の断水状況 
平成28年4月14日熊本地方を震源地とする最大震度7の地震が発生しました。
断水状況は熊本県内では432457戸、大分県内10263戸、宮崎県2758戸、鹿児島県249戸、福岡県久留米市70戸、長崎県50戸、佐賀県神埼市10戸。総断水戸数は445857戸でした。

ホリフトウォーターの給水支援活動
平成28年4月15日北九州にホリフトウォーター3台発送、2tトラックの手配、北九州上下水道局より2tの水を確保、益城町役場へホリフトウォーターを無償で設置。
4月16日北九州市上下水道局東部工事事業所にて2tの給水。益城町保健福祉センターにホリフトウォーター追加で2台無償で設置。
4月18日北九州にホリフトウォーター4台発送。4tトラック、2t移動式クレーンの手配。北九州上下水道局より5tの水を確保。月出小学校、長嶺小学校、西川リビング熊本にホリフトウォーター無償で設置。
4月21日熊本南部中央病院より貸出し依頼を受け、北九州へホリフトウォーター3台発送。
4月22日熊本南部中央病院にホリフトウォーター無償で設置。
5月12日益城町健康福祉センターへ追加で1台ホリフトウォーターを無償で設置。

関東東北豪雨断水

平成27年9月関東・東北豪雨の断水状況
平成9月9日から9月10日にかけて栃木県日光市五十里観測所で、昭和50年の観測開始以来最多の24時間雨量551mmを記録しました。鬼怒川水海道地点では10日7時から11日2時までの19時間にわたり氾濫危険水位を超過し、さらに10日11時から16時までの5時間にわたり計画高水位を超過しました。総断水戸数約 26,675 戸でした。

ホリフトウォーターの給水支援活動
常総市役所等にホリフトウォーターを無償で設置。

ホリフトウォーター納品事例一覧は、こちらからすぐにダウンロード可能です。
各地域での活用事例をご覧になりたい方はダウンロードテキストをクリックしてください。

ページ上部へ戻る