米とフレコンバッグ

フレコンバッグ(1トン)による米・穀類の輸送 米・穀類の輸送を紙袋からフレコンバッグに変えるメリット

玄米物流・精米物流の課題 紙袋からフレコンバッグへ

玄米・精米物流の現状

フレコンバッグ米用

精米・玄米の輸送に限りませんが、現在は物流危機と呼ばれる物流機能の持続困難な状況が蔓延しています。トラックドライバーの深刻な人手不足と高齢化、通販サイトの普及による小口多頻度化の進行でトラックドライバーへの不可は年々大きくなっています。この流れを変えるためにホワイト物流運動という取り組みが政府によって行われています。ホワイト物流運動では、長時間労働かつ肉体的な重労働になりがちなトラック輸送の環境を改善し老若男女問わず働きやすい環境を作ることを主な目的としています。現在、多くのお米が紙袋のバラ積みによって輸送されています。特にパレットなしでバラ積みにされた米は重く作業回数も増え、トラックドライバーが手で運ぶには適さない状態であると言えます。13トンの米を紙袋で輸送するとなると、紙袋の数は300から400袋になります。これだけの数を手作業で積み込み・集荷するとなると非常に大変です。

米の輸送に1トンのフレコンバッグを使用するメリット

では、紙袋の輸送から1トンの容量のフレコンバッグに切り替えるとどうなるでしょうか。単純に勘案して300から400袋の紙袋が、13袋のフレコンバッグになるわけですから、大きな労力削減・コスト削減になります。手作業での荷役からフレコンバッグを使用したフォークリフトでの積み込みに変えることで、積み下ろし時間を2分の1~3分の1まで削減することができます。
また私たちの生活に欠かせない米を小さい労力とコストで輸送する方法を確率することで、繫忙期や災害時など物流機能が停滞・停止しやすいタイミングでも安定して消費者に供給しやすくなります。

弊社のフレコンバッグの基本規格

品番 規格 排出口 容量
KT-002 1100Φ×1100H+OPEN 排出口なし 1000ℓ
KT-005 1100Φ×1100+OPEN 450Φ 1000ℓ
KT-006 1100Φ×1150H+500Φ 500Φ 1100ℓ
SH-8 1000Φ×700H+OPEN 400Φ 550ℓ
SH-5 450×450×820H+OPEN(角型) 250Φ 1000ℓ
SA001-T 870×870×1150H+OPEN(角型) 排出口なし 225ℓ

株式会社ウインテックスは基本的なフレコンバッグの他にも、弊社オリジナルのクローバー型フレコンバッグや特殊な構造によって完全な角型を維持するホリキューブなど様々な用途に合わせたものも各種取り扱っております。一貫生産で高品質な製品を低価格で提供できます。
→物流容器製品一覧

まずはお気軽にお問い合わせください。

フレコンバッグ資料はこちらからすぐにダウンロード可能です。
資料ボタンをクリックしてご覧下さい。

ページ上部へ戻る