画像

ホリフトウォーター

断水の備え

ホリフトウォーターとは

ホリフトウォーターは、災害発生時に最も重要なライフラインである、飲料水の確保を目的として開発された緊急時応急給水タンクです。
災害備蓄倉庫等に、小さく畳んだ状態で保管でき、災害発生時には簡単に手作業で組み立てることができ、1トンの飲料水を給水できるタンクになります。断水時の備えとしてご活用ください。


※2021年3月31日に放送の
福島テレビ「防災大百科」でご紹介頂きました。

ホリフトウォーター5つの強み

  • Point1

    軽量で組立て簡単!

    軽量で簡単に組み立てられる給水タンク

    軽量で複雑な手順が一切なく、付属のハンマーのみで簡単に組み立てることができます。
    大人2人~4人で組み立てた場合の完成目安時間は約5分です。

  • Point2

    衛生的で飲料水用としても安心!

    安全な災害用飲料水

    厚生労働省告示第370号食品衛生法に適合した衛生的な袋を使用しているため、飲料水用として安心してお使い頂けます。給水された水は内袋で完全密閉されます。さらに外部からのいたずら防止に外袋の開閉チャックに施錠ができる仕組みとなっています。

  • Point3

    保管時も省スペース!

    保管場所に困らない貯水タンク

    折り畳むとコンパクトになり8段まで重ねて保管することができるため、通常の据え置き型タンクと比べると1/5のスペースで収納可能です。
    (1000ℓ容量で2段積みの据え置き型タンクと比較)

  • Point4

    別売りのホリフトウォーターミニでさらに便利に!

    非常用給水袋

    別売りのホリフトウォーターミニは、水を注ぐと四角いポリタンクに早変わりする容器です。
    3ℓ、5ℓ、10ℓの3種類からお選び頂けます。ホリフトウォーターとともに備えておくことで、持ち帰りの容器がない方にも水をお配りすることが可能になります。

  • Point5

    様々な用途に使用可能!

    防災給水タンクの様々な使い方

    給水タンクとしてだけでなく緊急支援物資の効率的な保管用ラックとして、また非常時の入浴用の湯船としてもご使用可能です。

ホリフトウォーター開発背景

ホリフトウォーターは福島の会社である株式会社ウインテックスが東日本大震災の経験から生み出した災害用給水タンクです。
東日本大震災により水道・ガス・電気の供給がとまりました。特に水道の被害は過去の震災と比較しても大きく総断水戸数約257 万戸、地域全体の復旧までおよそ一ヶ月を要しました。
私たちは水がなければ生きていくことができません。人間が生命維持のために最低限必要な水量は1日1500mLと言われています。
当時、全面的な断水状態に陥ったエリアを支援するため全国から給水車が来られ、各避難所を巡りました。しかし、給水車の懸命な給水活動でも追いつかず被災地では給水車を心待ちにする人であふれていました。
被災者は給水ポイントに各々容器を持参して毎日数時間の行列に並び、1日に必要な水を取りに行きました。給水車は全ての容器に水を注ぎ終えるまで別の給水スポットへ向かうことはできません。
ホリフトウォーターはそんな被災地の給水現場を変えたいという思いから生まれました。
各避難所に貯水兼給水タンクの機能を持ったホリフトウォーターを備えておくことで、給水車はホリフトウォーターに直接給水を行い、すぐに次の給水スポットへ向かうことができます。

ホリフトウォーター組立方法

ホリフトウォーターの組み立て方法
①土台はできるだけ平らな所にセットし、本体のフタを外しポールを取り出す。
②土台のパレットの上に本体をのせる。
③2本組ポールを取り付ける。
④外袋をセットし、四隅に残りのポールを取り付ける。
⑤うち袋を取り付ける。
⑥バルブホルダー、ニップル、バルブ、カプラーの順に取り付けて完成。


ホリフトウォーター納入実績

災害時におけるホリフトウォーターの納入・活用事例をご紹介いたします。
画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。

令和元年福島県いわき市台風19号断水状況

令和元年台風第19号の断水状況
福島県いわき市における活動
ホリフトウォーターの活用方法

平成30年7月西日本の豪雨と断水状況

西日本豪雨「平成30年7月豪雨」の断水状況
広島県三原市における活動
ホリフトウォーターの活用方法

平成28年4月熊本地震の断水状況

平成28年4月熊本地震の断水状況
熊本地震における活動
ホリフトウォーターの活用方法

平成27年9月関東・東北豪雨時の断水状況

平成27年9月関東・東北豪雨の断水状況
ホリフトウォーターの活用方法

ホリフトウォーターはコンパクトで保管場所をとらず、断水時に5分で組み立てられます。給水車からホリフトウォーターへ直接水を貯め、ホリフトウォーターから設置場所に訪れた方の個別容器に速やかに給水できます。従来給水車は個々の容器ごとに給水をしており時間と手間を要しましたが、各給水スポットにホリフトウォーターを置くことで給水作業が効率化し、多くの方が恩恵を受けることができます。学校や企業などを中心に続々と導入が進んでいます。実物の確認やお見積りなど、ぜひお気軽にお問い合わせください!

ホリフトウォーター詳細資料は、こちらからすぐにダウンロード可能です。
製品仕様、設置方法などご覧になりたい方はダウンロードテキストをクリックしてください。

ページ上部へ戻る